映画「SAW(ソウ)」全シリーズ!あらすじ・見どころ【ネタバレなし】

最近すっかり蒸し暑くなってきました。

もうすぐ夏ですね~、夏といえば…やっぱり!ホラー!

あふろー
えっ!

今回から、超!グロテスクなホラー映画、「SAW(ソウ)」について取り上げたいと思います!

「SAW(ソウ)」といえば、2004年に第1作目が公開されてから、その後「ソウ2」・「ソウ3」・「ソウ4」・「ソウ5」・「ソウ6」、そして物語のラスト、「ソウ・ザ・ファイナル」まで…、合計7作品、6年にも及ぶ、超大作ホラーです!

2017年には、新生ソウシリーズとして「ジグソウ:ソウ・レガシー」が公開されたばかり。

こちらでは「完全ネタバレなし!」として、「SAW(ソウ)」全シリーズのあらすじや見どころなどをご紹介します。

「SAW(ソウ)」は全作品、超!グロいです!ご覧になっていない方のために、「グロ度」も掲載いたしますので(完全なる私の主観ですが…)、「ソウのグロさに耐えらるか」判断してみて下さいね!

注意
全ての作品がR15+指定です。
ホラーが苦手・残忍な描写などで気分が悪くなる方は、閲覧は控えめに…!

「よっしゃ!どんとこいグロ!」という方は、蒸し暑い夏に向けて、「SAW(ソウ)」全シリーズを一気見しちゃいましょう!


SAW(ソウ)シリーズをAmazonプライムで無料視聴する方法まとめ

Amazonプライム・ビデオ

「Amazonプライム・ビデオ」徹底解説!会員特典サービスがコスパ最強!

2019-06-12
プライムビデオ

無料でAmazonプライム・ビデオを視聴しよう!プライム会員の登録・解約方法まとめ

2019-06-12

※本ページの情報は記事投稿時点のものです。
最新の配信状況はAmazonプライムのサイトにてご確認ください。


【ネタバレなし】SAW(ソウ)とは?

2004年の第1作目から、2017年の「ジグソウ:ソウ・レガシー」まで、全ての作品で大ヒットを飛ばしたサイコスリラー映画「SAW(ソウ)」。

監督・制作

全シリーズの監督・制作を務めたのは、ジェームズ・ワン

ジェームス・ワン

全てのソウシリーズで製作総指揮を勤めています。

「ソウ」シリーズの他に、「死霊館」シリーズ、「インシディアス」シリーズなど…、ホラー・スリラー・ミステリーを得意とする映画監督です。

ジェームズ・ワンと共に製作総指揮を勤め、「ソウ1・2・3」の脚本も手掛けたのは、リー・ワネル

リー・ワネル

「ソウ1」にてかなり重要な役割を担う、「アダム」役として出演しています。

あふろこ
俳優さんでもあるんですね!

猟奇的な殺人鬼「ジグソウ」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sawさん(@saw)がシェアした投稿 -

「ソウ」全シリーズに登場する、殺人鬼「ジグソウ」

今回はネタバレは一切しない方向でお話しするので、一体誰が「ジグソウ」なのかは秘密にしますが、この「ジグソウ」、超!やり手です。

まず、殺人鬼ということになっていますが、ジグソウ本人いわく、「私は殺人を嫌悪している」という、予想の斜め上を行く殺人鬼です。

あふろー
ちょっと何言ってるか分からないです。

基本的に自分の手は汚さず、残忍なゲームの中で、「死ぬか生きるかの選択は本人にさせる」という、新しいスタイルをとっています。

そして、ジグソウはゲームに参加させる人々を「被験者」と呼びます。

危険なゲームのポリシーは、「生に感謝しない人間、自らの命を粗末にする人間、他人の命を粗末にする人間に命の尊さを教えてあげる」というもの。

「命を大事にしないと、ゲームに参加させちゃうぞ!」ってことです。

あふろー
超迷惑なおせっかい…!!

「ソウ1~3」までは、ジグソウのゲームの残忍さが強く描かれていますが、「ソウ4」あたりから、ジグソウ本人の過去について掘り下げられていきます。

それでは、極力ネタバレしないよう、細心の注意を払って、全シリーズをざっとご紹介します!

【ネタバレなし】SAW(ソウ)1

映画「ソウ」日本版劇場予告
あらすじ
外科医であるローレンス・ゴードン、パパラッチのような仕事をしているアダム・フォークナーは、古く汚れたバスルームで目を覚ます。
二人の足には鎖でつながれた足かせ、部屋の中央には銃とテープレコーダーを持って倒れている男。
そして突然、見えない犯人によってゲームが始まる。
「6時までにアダムを殺すか」・「自分が死ぬか」・「二人ともこのバスルームで死ぬか」
殺人鬼「ジグソウ」の用意したカセットテープ、のこぎり、写真、着信専用の携帯電話、たばこ、弾丸1発を見つけ出し、二人の極限状態のゲームが始まる。

「ソウ1」の見どころ

とにかく、まず!!「ソウ1」を見なけりゃ何も始まりません!

色々とモヤモヤとさせられるシーンが多いですが、今後の2~ファイナルまでで全ての謎が解けるようになっています。

そして、「最高!」・「鳥肌もの!」・「もの凄いどんでん返し!」と高く評価される衝撃のラスト。

初めて見た時は、もう、リアルに「あああああ!?」って声が出ました。

とにかくまずは、「ソウ1」から!これだけはお願いしたいです!

私的グロい度

★☆☆☆☆

星1です。実は「ソウ1」は、そんなにグロいシーンは多くないんです。でも、これからご紹介する続編ではとんでもないことになります。

あふろこ
「ソウ1」で無理だった方はご注意を!

【ネタバレなし】SAW(ソウ)2

映画「ソウ2」日本版劇場予告
あらすじ
8人の男女たちは、見知らぬ部屋で目を覚ます。
彼らは出口のない家に閉じ込められ、ジグソウによってゲームに参加させられていた。
ルールは、毒ガスに体をむしばまれる前に、解毒剤入り注射器を探しだし、出口の扉を開けるというもの。制限時間は2時間。
その頃、警察はジグソウのアジトに突入。
ジグソウを逮捕したエリック・マシューズ刑事は、ゲームに参加させられている8人を映し出したモニターを見て驚愕する。
そこにはマシューズ刑事の息子、ダニエルの姿があった。
息子ダニエルを救うため、マシューズ刑事のゲームが始まるのだった。

「ソウ2」の見どころ

ほんの少し、ジグソウのことが分かります。しかし、この時点でジグソウはまだまだ悪者。

あふろー
いや、ずっと悪者なのでは…?殺人鬼ですし…。

この後の続編で、ジグソウの過去や彼の思いがもっと露見してくると、ちょっと優しい目で見れちゃったりします。

そして「ソウ」シリーズ、ラストの決まり文句「ゲームオーバー」!

これを今回は誰が言うのか?ジグソウが言うのか?お楽しみに!

私的グロい度

★★★☆☆

「ソウ1」から一気に、星3まで跳ね上がりました。

被験者が多いですからね…、今回8人もいらっしゃいますからね。

あと、冒頭に出てくる被験者ような描写は、個人的に超!苦手です…。

【ネタバレなし】SAW(ソウ)3

映画「ソウ3」日本版劇場予告
あらすじ
息子を交通事故で失った過去を持つ、ジェフ・レインハート。彼は、事故を起こした犯人、正しい証言をしなかった目撃者、軽い刑で済ませた判事を恨み、憎しみにかられながら生きていた。
そんな彼は、気が付くと見知らぬ建物の中に閉じ込められ、ジグソウのゲームの被験者になっていた。
ジェフに与えられたルールは「恨み、憎んだ人々を許せるか」。
その頃、女医のリン・デンロンは、何者かに拉致され、ジグソウのアジトで目を覚ました。
彼女が見たのは、体を病に侵され、ベッドに横たわるジグソウの姿だった。

「ソウ3」のの見どころ

「本作が一番グロいのでは…!?」と個人的に思っています…。

あと、「そんなことするなんて…」的な、精神的にもやられます。

正直、「ソウ3」で、「もう続き観るのやめようかな…」って真剣に思いました。

でも続きが気になるから観たんですけどね…!伏線回収がしたかったですし…!

私的グロい度

★★★★★

グロさパーフェクト!

この辺りから、「ヤバそうなシーン」では「目をつぶる」・「そっぽを向く」・「手で顔をおおう」など卑怯な視聴方法が増えてきました。

でも安心してください!「ソウ4」からグロさは比較的少なくなります!

【ネタバレなし】SAW(ソウ)4

映画「ソウ4」日本版劇場予告
あらすじ
死体安置所に眠るジグソウの遺体。遺体を解剖した検視官は、遺体の胃の中から1本のカセットテープを発見する。
ジグソウ事件の担当であるマーク・ホフマン刑事は、すぐにテープを再生。テープの内容は、「私が死んでも、すべてが終わったと思うな」という内容だった。
ジグソウ事件のせいで次々と仲間を失ったSWAT隊長、ダニエル・リッグは、自宅で何者かに襲われ、新たなゲームの被験者となっていた。
その頃、FBI捜査官のピーター・ストラムとリンジー・ペレーズは、ジグソウの元妻であるジル・タックに尋問していた。

「ソウ4」の見どころ

とにかく、騙されます!最後に2つの「大どんでん返し」が来ます!

そして、ジグソウの元妻ジルの登場により、ジグソウの過去が少しずつ見えてきます。

「3で観るのやめないで良かった…」と思えた良作!

私的グロい度

★★☆☆☆

「ソウ3」で耐性ができたのか、そこまでグロさを感じず。いや…でもやっぱキツイところはキツイ感じです。

なのでやはり、卑怯な視聴方法の必殺技(目をつぶる・そっぽを向く・手で顔をおおう)は何回も繰り出しました。

【ネタバレなし】SAW(ソウ)5

映画「ソウ5」日本版劇場予告
あらすじ
首輪でつながれた5人の男女が、薄暗い部屋で目を覚ました。
ジグソウによるゲームが始まったのだ。
ジグソウが死んだ後もゲームが続く中、FBI捜査官のピーター・ストラムは、後継者の存在を探していた。
一方、ジグソウの元妻ジル・タックは、弁護士からジグソウの遺品を預かる。
その箱の中身を見て、ジルは驚愕する。

「ソウ5」の見どころ

ここまで鬱展開が多かった「ソウ」に、やっとヒーローが現れます!

優秀だし、機転が利くし、かなり応援したくなります。

個人的にジグソウの後継者があまり好きではないので、その辺はスルーしながら観ましたが、ここからジグソウの元妻ジルが少しずつ活躍してくれるので、殺人鬼の心の奥底の葛藤を垣間見ることができます。

ちなみに…この作品は唯一、ラストの決まり文句「ゲームオーバー」というセリフが出てきません。

「言えない状況」であるのは確かですが、後継者が「ゲームオーバー」と言うに値しない仕事しかしてないから…と思ってしまいます。

あふろー
それは個人的に後継者が嫌いなだけなんじゃ…?

私的グロい度

★★★☆☆

ここまで来たら、「ソウはこれぐらいグロイよね」的な「グロくて当たり前」的な…、そんな「もう仕方ない」的な気持ちになってきます。

でも、今回の被験者はなかなかの「嫌な奴」なので、ちょっとだけドライな気持ちで観れました。

「ソウ3」の「どうしてそんなことするの!?」的な、辛い悲しい気分にはならなかったのが唯一の救いでしょうか…。

【ネタバレなし】SAW(ソウ)6

映画「ソウ6」日本版劇場予告
あらすじ
アンブレラ保険会社の副社長ウィリアム・イーストンは、命とお金を天秤にかける残酷さで収益を得、多くの人に恨まれていた。
彼はジグソウの新しい被験者として、見知らぬ部屋で身柄を拘束されていた。
ウィリアムへのゲームのルールは、自らの手で、仕事仲間たちの生死を決めることだった。
その頃、ジグソウの遺品をたくされた元妻ジル・タックは頭を悩ませていた。

「ソウ6」の見どころ

元妻ジルが大活躍してくれることで、ジグソウの「私情」・「私怨」が明らかになります。

ジグソウが殺人鬼になるまでの悲しい過去も、彼の心の闇も、妻への愛情も、そしてまた離婚したとはいえ、ジル自身も元夫をずっと愛していたことも描かれています。(再婚とかもしてないですしね)

いままで「パーフェクトな殺人鬼」として描かれてきた、ジグソウの「人間臭さ」が知れて嬉しいのですが、相変わらず後継者はムカつきます。

あふろー
超個人的!

私的グロい度

★★★★☆

ジグソウの過去にちょっぴり悲しんでいたりしたら、突然のグロをぶち込んできます。ちなみに精神的にもくるパターンです。

その感情の振れ幅に、心が追い付かない感じで、なかなかダメージがありました…。

卑怯な視聴方法の必殺技(目をつぶる・そっぽを向く・手で顔をおおう)の他に、新しく、「耳を塞いで目をつぶる」という、「視聴放棄」も追加されました。

あふろこ
いや、観なさいよ。

【ネタバレなし】SAW 3D(ソウ ザ・ファイナル)

映画『ソウ ザ・ファイナル 3D』予告編
あらすじ
ジグソウ事件の生存者ボビー・デイゲンは、ジグソウ事件の体験を本にして出版。テレビにも出演し、人気を誇っていた。ジグソウ事件の生存者を集め、「生存者の会」も主催。
ところが彼には秘密があり、それが理由でジグソウゲームの被験者となってしまう。
ジグソウの真の後継者はいったい誰なのか。

「ソウ ザ・ファイナル」の見どころ

全てのピースが完全にはまります。まさにジグソウパズルが完成する達成感!!

ただ…グロいです…。

今回は被験者になる人が結構多いし、ファイナルだから力入れているのか分かりませんが、グロいです…。

でも、ファイナルまで観たらかなりスッキリしますし、最後のどんでん返しも気持ちいいです!

私的グロい度

★★★★☆

星は4つです!

きっと、「ソウ3」を乗り越えられた人なら観れるはず…!

私は何度も「視聴放棄」しました…。

あふろこ
いやだから、観なさいよ!

これを映画館で、しかも3Dで観た人って凄いですね…。

【ネタバレなし】ジグソウ:ソウ・レガシー

映画『ジグソウ:ソウ・レガシー』予告
あらすじ
頭にバケツを被らされ、首輪につながれた5人の男女は、ジグソウの新たなゲームに参加させられていた。
その後、頭にバケツを被ったまま見付かった遺体に、ジグソウの音声が入ったUSB、ジグソウの血液が付着していることが分かる。
しかし、ジグソウはすでに10年前に死んでいる。
ジグソウが復活したのか、黒幕が存在したのか、警察と検視官が再びジグソウを追う。

「ジグソウ:ソウ・レガシー」のの見どころ

「ソウ ザ・ファイナル」から7年ぶりとなる「ソウ」シリーズ。

今回は忘れかけていた「ソウ4」のトリックに、またしてもやられます。

ジグソウ以外、みんな新顔ですが、また一人重要な人物が出てきて、「おっ!」となりますよ。

2017年公開なので、映像がなんかきれいだし、ジグソウがカセットテープじゃなくてUSB使ってくるあたり、時代の流れを感じます。

私的グロい度

★★★★☆

映像がキレイになったグロさはダメージ大です。

技術の進歩がこんなにも怖くなったのは初めてです。

まずはとにかく「ソウ1」から

SAW1 DVD

いかがでしたか?

「SAW(ソウ)」全シリーズ、極力ネタバレしないよう、頑張ってご紹介しました!

ネタバレを防ぐため、だんだん「あらすじ」が短く、分かりにくくなってしまってごめんなさい…!

前述しましたが、「ソウ1」から見始めないと、この作品のおもしろさは充分堪能できません!

ぜひ!「ソウ1」からお楽しみください!

今ならU-NEXTで全シリーズが無料で全部観れます!

 

31日間の無料トライアルキャンペーンもあるので、ぜひ!無料で「SAW(ソウ)」全シリーズ一気見して下さいね!

U-NEXTについての詳しい情報は下記の関連記事で詳しく紹介しています!

unext-1

「U-NEXT」徹底解説!映画・ドラマ・アニメはもちろん漫画や雑誌も楽しめる!

2019-05-21
U-NEXT公式サイト

U-NEXT(ユーネクスト)を無料体験してみよう!入会から解約方法まで画像つきで解説!

2019-05-21

※本ページの情報は記事投稿時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

にほんブログ村 芸能ブログへ