アイアンマン/ロバート・ダウニー・Jr 薬物中毒の過去や結婚・子供、日本嫌いという噂まで調査!

ロバート・ダウニー・Jrアイアンマンで世界のトップ俳優となりました。

今ではアイアンマン=ロバート・ダウニー・Jrというイメージですが、ラブコメディの人気テレビドラマ『アリーmyLove(原題:AllyMcBeal)』や『シャーロックホームズ』でゴールデングローブ賞、主演男優賞を受賞するなど数多くの作品で活躍しています。

仕事で賞を受賞した時期に薬物中毒で逮捕など、その役者人生は順調と一言で言えるものではありませんでした。

ですがその落差の激しい人生がトニー・スターク役にぴったりだと監督からアイアンマンに推薦されるなどなにが起こるかわからないのが面白いところです。

そんなロバート・ダウニー・Jrのアイアンマンになるまでや、身長の秘密、日本がきらい?という噂などを調べてみました!


ロバート・ダウニー・Jrの家族や生い立ち、年齢など

ロバート・ダウニー・Jr(Robert Downey Jr)は1965年4月4日にアメリカ合衆国のニューヨーク州で生まれました。

2019年現在の年齢は54歳です。

父親はロバート・ダウニー・シニアさんで映画監督をしていました。

母親は女優のエルシー・アン・フォードさん。

姉はアリソンさん。

ロバート・ダウニー・Jrは子ども時代から、麻薬に囲まれていました。

父親は麻薬中毒者で、ロバート・ダウニー・Jrが6歳のときには父親からマリファナをもらっていたそう。

1970年代ということも多少は影響あるかとは思いますが、父親がマリファナを子どもに勧めることがあるってびっくりです。

幼いころから父親の映画に少しだけ出演をしていて、10歳のころに父の仕事の関係で1年ほどイギリスへ行きそこでクラシックバレエを学びます。

バレエは夢中になれなかったようで、長くは続けなかったそう。

ロバート・ダウニー・Jrが13歳のときに両親が離婚。

父親と一緒にカルフォルニアへと引っ越します。

17歳のときにサンタモニカ高校を中退しています。

サンタモニカ高校に同時期に通っていたのは、ショーン・ペンロブ・ロウチャーリー・シーンなどがいたそうです。

こんな後の一流スターが通っているなんて豪華な高校ですね!

演技のキャリアのためにニューヨークへと拠点を移しますが、その後ロサンゼルスへ引っ越してカリフォルニアに戻ってきます。

そのときにロサンゼルスのアパートをルームシェアしていたのが、ドラマ「24」のキーファー・サザーランドでした。

ロバート・ダウニー・Jrは若手のころから後々に世界的スターになる人たちと関わりがたくさんありますね!

ロバート・ダウニー・Jrの主な出演作

1985年から1年の間コメディ番組「サタデー・ナイト・ライブ」に出演。

ロバート・ダウニー・Jrの知名度が一気に上がったのは映画「チャップリン」(1992)での主演でした。

この映画での演技がチャップリンそっくりで、アカデミー賞の最優秀男優賞へとノミネートされました。

キャリアを順調につんで、アカデミー賞の候補になるほどでしたが、1996年から2001年の間に薬物で何度も逮捕されます。

ハイになって裸でポルシェを運転していてコカイン、ヘロイン、拳銃所持で逮捕。

また近所の家に不法侵入して、子ども部屋で寝ていたところを逮捕などパンチが効いています。

ドラマ「アリー・マイ・ラブ」では準レギュラーのラリー・ポール役として出演し、2001年のゴールデングローブ賞や全米映画俳優組合男優賞を受賞。

仕事は順調でしたが、「アリー・マイ・ラブ」のシーズン4の放送期間に、再び薬物で逮捕。

この知らせを聞いた「アリー・マイ・ラブ」の主演のキャリスタ・フロックハートはショックのあまり倒れてしまったそう。

2001年にエルトン・ジョンのMV「I Want Love」に起用されたときはリハビリ施設から1日出てきて撮影をしたということもありました。

Elton John - I Want Love

Elton John - I Want Love

何度も薬物から更生しようとしてもなかなか上手くいかなかったのですが、2003年のとある夜に薬物と決別することになります。

大量の麻薬を持ってドライブ中、バーガーキングに立ち寄りハンバーガーを食べたところまずさに衝撃をうけ、本能的にこのままではいけないと感じて麻薬を海に捨てたそうです。

ハンバーガーのまずさは麻薬のせいなのか、食材が腐っていたからなのかはわからないですが、これが大きなきっかけとなり薬物と決別できたと本人は話しているいようです。

2003年に親友のメル・ギブソンが主演するはずだった映画「歌う大捜査線」の主役を譲って「希望を捨てるな」と応援してくれたこともあり俳優へと復帰します。

それから時が流れ、メル・ギブソンが人種差別発言やDVなどでハリウッドから干されます。

そんな状況のなか2011年にロバート・ダウニー・Jrがアメリカン・シネマティック・アワードの授賞式にプレゼンター役にメル・ギブソンを指名。

そこで「薬物依存のときに私を救ってくれた彼を許してほしい」と恩返しのスピーチをします。

2人の友情は映画のようですね!

今では、アイアンマンはロバート・ダウニー・Jr以外に考えられないと言われるほどですが、最初に映画「アイアンマン」(2008)に彼が選ばれたときは賛否両論だったようです。

マーベルは今まで「スパイダーマン」「X-メン」を製作してきましたが、他のスタジオとのライセンス契約でした。

「アイアンマン」を製作するにあたり、自社スタジオを設立。

その第1弾となる会社の未来を担う重要な映画だったのです。

アイアンマンのキャスティングにはトム・クルーズなどアクション映画の主役として文句のない俳優がライバルとして存在していました。

ジョン・ファヴァロー監督がアイアンマンと人生がシンクロするロバート・ダウニー・Jrのキャスティングを勧めたそう。

ヒーローものはシリーズ化を望んでいてできるだけ若い俳優を求めるので、当時40歳を過ぎていたロバート・ダウニー・Jrは不利な状況。

また薬物の問題から立ち直って数年しか経ってないところや、大型映画の主演といったイメージがまったくないというところもデメリットでした。

そこでロバート・ダウニー・Jrはスクリーンテストを受ける時に、絶対にアイアンマン役を獲得してするのだという情熱をもって挑みました。

スクリーンテストは3つあり、それは先に知らされていました。

そこでシーンを徹底的に掘り下げで、どう演じるか、その他にはどんな可能性があるか、アドリブをする余裕のあるなしを考えたそうです。

スクリーンテストをしたときは、信じられないほどの高揚感だったと語っていました。

このスクリーンテストをみた製作陣は、すぐにロバート・ダウニー・Jrがアイアンマンに適役だと思ったそう。

映画「アイアンマン」が大ヒットし、アイアンマンは3まで製作され、アベンチャーズシリーズ、スパイダーマンにも出演します。

次にアイアンマンが見られるのは2020年5月1日に全米公開予定の「ブラックウィンドウ」です。

映画「シャーロック・ホームズ」(2009)ではシャーロック・ホームズを演じ、共演したジュード・ロウとも息がぴったりでした。

新作「シャーロック・ホームズ3」は2021年に公開予定となっています。

ロバート・ダウニー・Jrの身長や日本がきらいという噂

ロバート・ダウニー・Jrの身長は174cm

共演する俳優の背が高いことが多いので、身長差を目立たせなくするために撮影中は約7cmの特注の上げ底の靴を履いているそうです。

共演者しているグイネス・パルトローは女性では長身の175cm、キャプテンアメリカのクリス・エヴァンスは183cmと背が高い人が多いのでバランスを保つためなのですね。

ロバート・ダウニー・Jrは日本がきらいという噂がありました。

2008年のアイアンマンの公開時に、ロバート・ダウニー・Jrは入国管理局で6時間も止められたことに始まり、高級レストランの牛肉で食中毒になり仕事をキャンセル。

鏡開きのお酒を禁酒中のロバート・ダウニー・Jrに持って来られしまい戸惑うなどのことがあり、もう日本に来てはいけないのではと思ったとジョークを交え語っていました。

でも食中毒になりキャンセルした仕事は、翌日の自由時間に変更するなどしてくれたらしく、さすがアイアンマンといった対応をしてくれたようです。

日本車を愛車にするなど、反日というわけではないようです。

もしまた来日する機会があれば、前回の記憶を消すくらい楽しんでほしいですね!

ロバート・ダウニー・Jrの結婚は?

ロバート・ダウニー・Jrは現在結婚していますが、過去に有名女優と付き合っていました。

映画「家族の絆」(1984)でドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」で有名なサラ・ジェシカ・パーカーと共演。

サラ・ジェシカ・パーカー

サラ・ジェシカ・パーカーの私生活はSATCキャリーそのものだった!豪華な恋人遍歴やファッション感もご紹介

2019-08-05

当時2人とも18歳で交際に発展し、1991年まで7年ほど付き合っていて同棲もしたことがありました。

しかしロバート・ダウニー・Jrのドラッグやアルコール依存が原因となり破局します。

1993年にモデルのデボラ・ファルコナーと結婚。

一児の父となりますが、1996年から別居し2004年に離婚が成立。

2005年に映画プロデューサーのスーザン・レヴィンと結婚。

スーザン・レヴィンは結婚するときに、お酒と薬物をやめることを条件としたそうです。

2012年にエクストンくんが、2014年にアブリちゃんが誕生します。

現在仕事が順調なのは奥さんの影響も大きいのでしょうね!

ロバート・ダウニー・Jrの総資産額

アイアンマンが当たり役のロバート・ダウニー・Jrの総資産額はなんと3億ドル(約323億1400万円)!

これだけ巨額な資産を築けたのは、やはりアイアンマンを演じたことが大きいそうです。

アベンチャーズ では5000万ドル(約50億円)ほどのギャラだったことを本人が認めていました。

ほかの出演者のギャラは300万ドル(約3億円)ほどだったそうで、ほかの俳優とは桁違いのギャラです。

アイアンマンを卒業した後は、映画プロデューサーの奥さんと映画を製作したいと考えているそうですよ。

これだけの資産があれば、どんな映画も製作できそうですね!

ロバート・ダウニー・Jrまとめ

薬物中毒からたちなおり、アイアンマン役でトップクラスのギャラをもらう俳優となったロバート・ダウニー・Jr

これからは俳優だけではなく、製作や監督といった活躍も期待できます。

2020年に公開予定の「ブラックウィンドウ」は再びアイアンマンとして登場予定ですし、「シャーロック・ホームズ3」は2021年に公開予定。

これからも息の長い活躍をみせてくれそうです!

にほんブログ村 芸能ブログへ