実写版アラジンで一躍スターとなったメナ・マスードの彼女や出演作は?インスタやプロフィール情報などまとめ

ディズニー長編アニメーションの実写版映画「アラジン」で主役のアラジン役に約2000人から選ばれたメナ・マスード

映画「アラジン」に出演するまでは、目立った活躍は「CIA分析官ジャック・ライアン」に出演していたくらいでほぼ無名俳優でした。

しかし、映画「アラジン」に出演してからは状況は一変!

インスタのフォロワー数は、アラジン公開前は4000人ほどだったのが現在は217万人まで増加したそうです。

一躍スターになったメナ・マスードの彼女情報や俳優になるまでや、アラジン以前の出演作とプロフィールなどの情報をまとめてみました!


メナ・マスードの生い立ち

メナ・マスードは、1991年9月17日に、エジプトのカイロで生まれました。

2019年現在で28歳。

両親はエジプト人でコプト正教会キリスト教徒です。

父親のエジプトでの職業は人工衛星技師でした。

3歳半のときにカナダへ移住。

家族に苦労をしない暮らしをさせたいと、父親はピザの宅配員や工場で働いていたそうです。

兄弟は、薬剤師の姉が2人。

年の差は長女と10歳、次女と9歳と年が離れていました。

国籍はカナダで、エジプト系カナダ人です。

メナ・マスードは、カナダのオンタリオ州マーカムで育ちました。

高校はカトリック系の学校セントプラザーアンドレカトリックに通います。

メナ・マスードはエジプト系の外見なので、白人系の生徒が多かった学校では疎外感を感じました。

しかし、友達ができてからは自分も友達もなんら変わらないということに気づいたそうです。

高校時代は、オンタリオ州バスケットボール教会の会員だったメナ・マスード。

乗馬もできるとか。アラジンのあの軽々とした身のこなしの原点ですね。

17歳から演技を始め、ドラマ「ニキータ」(2011)の1エピソードにアルカイダNo.2として出演したのがデビュー作です。

ドラマ「戦闘病院」(2011)やドラマ「ポーズ」(2011)に脇役で出演。

アニメーションの「99」では声優をしていました。

高校卒業後は、神経科学の勉強をするためにトロント大学へ入学。

大学では心理学などのいくつかの科目は楽しめましたが、他の科目は楽しめませんでした。

メナ・マスードの身近に、楽しいと思えない仕事を選んだことを後悔している人がいました。

その葛藤を見ていたメナ・マスードは、演劇の道を模索し始めます。

そこでライアソン大学の演劇科へ出願し、もしだめなら俳優になる夢は諦めようと決めました。

ライアソン大学の演劇科に合格し、トロント大学を中退します。

成功をつかむために、学者や医者になることを期待していた両親はがっかりしました。

理解してもらうのに時間はかかりましたが、自分の夢のために演技の道に進むことになりました。

メナ・マスードの主な出演作は?アラジンなど

ライアソン大学の演劇科を卒業してから、仕事がなくレストランの仕事をして生計を立てていました。

2015年にカナダのミステリードラマ「Open Heart」のジャレッド・マリク役で主役として出演します。

この作品がメナ・マスードの知名度を上げてくれました。

しかし思っていたほどは、ドラマの人気が出ず1シーズンのみで打ち切りとなりました。

2017年にロサンゼルスへと拠点を移します。

家賃を抑えたかったため、友達と物置のような小さな部屋を借りたそう。

2018年にアクションスリラードラマ「CIA分析官ジャック・ライアン」でタレク・カッサー役として出演しました。

このドラマはアマゾンプライムで配信されており、「プリズン・ブレイク」「LOST」のスタッフが製作しています。

「CIA分析官ジャック・ライアン」をAmazonプライム・ビデオの無料トライアルで視聴する方法はコチラ!

プライムビデオ

無料でAmazonプライム・ビデオを視聴しよう!プライム会員の登録・解約方法まとめ

2019-06-12
 
※本ページの情報は記事投稿時点のものです。
最新の配信状況はAmazonプライム・ビデオ公式サイトにてご確認ください。

そしてメナ・マスードが大抜擢された映画「アラジン」のアラジン役。

このアラジン役のオーディションはとても時間がかかりました。

なんとオーディション期間は1年ほどだったそうです。

それだけ時間をかけて本当に適役なアラジンを見つけようとしていたのでしょう。

このオーディションを開催していたときに、ホワイトウォッシュが問題となっていました。

アラジンの舞台はアグラバー王国という架空の中東のどこかの国という設定。

ジャスミンが住んでいる王宮のモデルは、インドのタージ・マハル。

そこでアラジンを演じる俳優は、中東系かインド系が求められていたそうです。

アラジンのオーディションに応募しようかと事務所に言ったところ、

「自分でオーディションテープ作って送っておいて。」

と事務所は全く期待をしていなかったよう。

そして一切の連絡がなく4ヶ月過ぎました。

4ヶ月放置されていたため、オーディションのことは忘れていたメナ・マスード。

そんなある日、アラジンのスタッフから事務所にまた追加のテープを送ってほしいと連絡がきたそうです!

なぜその時期に連絡がきたのかというと、メナ・マスードの写真を偶然にアラジンのプロデューサーが「CIA分析官ジャック・ライアン」(2018)のセットで見かけたことがきっかけだったようです。

アラジン役ができるのでは?と目に留まり、メナ・マスードが送ったオーディションテープが探し出されたそうです。

オーディションテープでは素通りされていましたが、プロデューサーに偶然に写真を見られたことからチャンスを掴みます。

なにが起こるかはわからないですね!

アラジンのオーディションは、歌って踊れる中東系かインド系の俳優が2000人探しても見つからないとニュースになったほど難航していました。

メナ・マスードはトロントでの撮影もこなしつつ、ロンドンでのオーディションに参加する日々。

アラジンのオーディションは本格的で、1週間ダンスや歌のトレーニングをする準備期間があり、その後に審査という形だったようです。

オーディション中にジャスミン役の候補だったナオミ・スコットと「ホール・ニュー・ワールド」を歌ったこともあったと語っています。

映画「アラジン」への製作スタッフの真剣さがわかりますね。

アラジン役が決まったときは、他映画の撮影をしていたそうですが合格の電話をうけて、思わず叫ぶほどの嬉しさが押し寄せたそうです!

アラジン役に決まってから撮影のために2日とたたないうちに、すぐにロンドンへと向かいました。

オーディションが長引いたため、撮影開始が予定よりも4ヶ月も遅れていたようです。

ジャスミン役のナオミ・スコットとは、オーディションで出会いすぐに意気投合したようです。

ナオミ・スコット

ジャスミン王女ナオミ・スコットの歌が素敵!実写版アラジン出演女優の他出演作やプライベート情報まで調査

2019-09-29

アラジン役とジャスミン役のお互い相性を重視して選ばれただけあって、ぴったりな2人ですね!

ジーニー役のウィル・スミスと初めて会ったときは、セットに200人くらいのダンサーがいて、ガイ・リッチー監督とウィル・スミスが歩きながら話していたときでした。

そこで挨拶に行けば、監督が紹介してくれると思い、ウィル・スミスのところに行ったようです。

メナ・マスードが緊張していることに気づいた監督は面白がって、横でにこにこしているだけだったそうです(笑)

そして緊張のあまり、挨拶のみで自己紹介をとばしてしまったそうです。

その後もう一度ウィル・スミスに話しかけにいき、自己紹介したということでした。

この初対面をウィル・スミスは、監督と演技の話しをしているときに割り込んでくる強烈なダンサーがいるなと思ったそうです。

メナ・マスードのことをダンサーだと思っていたと話していました。

映画「アラジン」は興行収入が120億を突破!

ディズニー映画の中でも、映画「美女と野獣」につぐ4位の興行成績のようです。凄いですね!

ちなみにディズニー映画の興行収入1位は映画「アナと雪の女王」でした。

大ヒットが続き、続編への期待も高まっているところです。

メナ・マスードの彼女は?今はいないと宣言

アラジンの撮影をしているときから現在にかけて、彼女はいないと明かしており今のところはいないようですね。

撮影中によくご飯を一緒に食べたのは、ジャスミン役のナオミ・スコット。

育った環境が似ていて親しみやすかったそうです。

メナ・マスードの両親はコプト正教会キリスト教徒で、ナオミ・スコットの両親は牧師で2人ともクリスチャンというところも似ていますね。

これからの仕事のことや家族のことなどを話したということです。

ナオミ・スコットの旦那さんとも仲のいい友達になったらしいです。

メナ・マスードは身長173cmと小柄ですが、鍛えられた筋肉の持ち主。

アラジンで一躍有名になったメナ・マスードはどんな恋人が出来るのかとても気になりますね!

メナ・マスードの純総資産額は?ビーガンの会社も設立

無名俳優から有名俳優へと大きく飛躍を遂げたメナ・マスードですが、気になる純総資産額はどれくらいか調べてみました。

ネット上の推測では200万ドル(約2億1700万円)だそうです。

2年前に物置のような小さな部屋を借りてロサンゼルスで生活をスタートさせたころから考えると雲泥の差ですね。

宝くじに当たったレベルのインパクトがありますよね!

メナ・マスードはヴィーガニズム(ビーガン)だそうで、2015年からビーガンのメニューを紹介し、ビーガンが正しく知られるようにと会社を設立しています。

ヴィーガニズム(英: veganism)は、人間が動物を搾取することなく生きるべきであるという主義。その範囲は単に動物性食品を食べることを避けることから、あらゆる動物製品を避けることを含む。動物性食品を食べない、もしくは追加して動物製品を使わないということの実践とされる[3]。食生活においてはほかの菜食主義の食生活とは異なり卵や乳製品も避ける。完全菜食主義(かんぜんさいしょくしゅぎ)

引用元:ウィキペディア(Wikipedia)

Evolving Veganのインスタにメナ・マスードや美味しそうなビーガンの料理がのっていました。

ホームページではマグカップやTシャツも売っています。

メナ・マスードのまとめと新作情報

アラジンに出演してから人生が大きく変化したメナ・マスード

そんなメナ・マスードの次回作品の情報です。

2019年12月6日にHuluで初公開されるアメリカのドラマ「Reprisal」にイーサン・ハート役で出演するそうです。

現在日本での配信はまだ発表されていませんでしたが、アメリカで公開後に配信されるのではないでしょうか。

メナ・マスードの今後の演技にも大注目です!

にほんブログ村 芸能ブログへ