【オースティン・バトラー】プレスリー伝記映画で主演が決定した王子様俳優の彼女や出演作まとめ

オースティン王子と呼ばれているイケメン俳優のオースティン・バトラー

ドラマ「ハンナモンタナ」やドラマ「マンハッタンに恋をして、キャリーの日記」でもイケメンぶりを発揮していますね。

エルヴィス・プレスリーの伝記映画で主演を務めることも決定しているようです!

金髪の優しそうな雰囲気に、身長183cmと文句のつけるところがありません。

ディズニーチャンネル出身のため10代からも大人気。

クエンティン・タランティーノ監督の映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」ではチャールズ・テックス・ワトソン役で出演し、演技力を絶賛されています。

そんなオースティン・バトラーの彼女や結婚はしているのか、出演作や次回作品はどうなっているのかなどを調査していきますよ!


オースティン・バトラーの生い立ち

アメリカ合衆国カルフォルニア州アナハイムで、1991年8月17日に生まれました。 

2019年現在で28歳です。

母親ロリ・アンさんと父親デビット・バトラーさんの息子として誕生しました

アシュリーさんという5歳年上の姉がいます。

オースティン・バトラーは、13歳でスカウトされ演技のキャリアが始まります。

姉のアシュリーさんとは、「Nedの機密解除された学校のサバイバルガイド」で一緒にエキストラとして出演したこともあるそうです。

オースティン・バトラーは7年生まで公立学校に通っていました。

その後仕事のスケジュールのためホームスクーリングを開始。

15歳のときにCHPSE(カルフォルニア州高校検定試験)を受験し、
正式に高校教育を修了しました。

いつか大学に進学をしたいと考えているそうです。

13歳のころからギターを弾き始め、現在はギターの収集も楽しんでいるとのこと。

16歳からはピアノも弾き始め、作曲もしています。

好きな歌手はフレディ・マーキュリー。

またバスケットボールやハイキングも好きなようです。

運動も出来て、音楽も得意ってもう無敵ですね。

オースティン・バトラーの出演作 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」など

10代ころからエキストラとしてスタート。

「Nedの機密解除された学校のサバイバルガイド」「ドレイク&ジョシュ」、ディズニーチャンネルの「ハンナモンタナ」などにエキストラ出演。

2007年にマイリー・サイラス主演のドラマ「ハンナモンタナ」で初めてエキストラから脱却。

その後、児童向け番組専門のケーブルテレビチャンネルのニコロディオンのコメディ「iCarly」に出演しました。

ドラマ「ゾーイ101」のメインキャストに抜擢され、ディズニーショーの「Zeke&Luther」や「Wizards of Waverly Place」にも出演。

2009年に映画「屋根裏のエイリアン」アシュリー・ティスデールと共演。

映画「ハイスクールミュージカル」のスピンオフの映画「シャーペイのファビュラスアドベンチャー」(2011)では映画監督志望のペイトンを演じました。

この映画の主演は映画「屋根裏のエイリアン」で共演したアシュリー・ティスデール。

実はこの映画のオーディションを受けたのは、アシュリー・ティスデールの推薦だったそう。

オースティン・バトラーのため息のでるような美しさに、また一緒に仕事がしたいと思ったそうです。

2013年~2014にはドラマ「Sex and the City」のキャリー・ブラッドショーが、高校3年生のころの1980年代に焦点を当てたドラマ「マンハッタンに恋をして、キャリーの日記」に出演。

キャリー・ブラッドショーの彼氏役のセバスチャン・キッドを演じました。

オースティン・バトラーの演技力は高く評価されましたが、シーズン2で打ち切りとなってしまいました。

2018年に、ユージーンオニールの演劇「アイスマンコメット」でブロードウェイデビューを果たします。

演技をニューヨーカーから絶賛されたそう。

この演技が目を引き、これから撮影予定のエルヴィス・プレスリーの伝記映画で主演を務めることになったようです。

クエンティン・タランティーノ監督の9作目となる映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」(2019)では、マンソン家族殺人者のチャールズ・テックス・ワトソン役。

この映画ではオースティン・バトラーが憧れの俳優と言っていたレオナルド・デカプリオと共演を果たしています。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』予告 8月30日(金)公開

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』予告

オースティン・バトラーの新作はエルビス・プレスリー映画

オースティン・バトラーの次回作品は、エルビス・プレスリーの映画です。

エルビス・プレスリー役の若いころを演じることが決定しています。

歳を重ねたエルビス・プレスリー役はトム・ハンクスが担当します。

2020年の初めにオーストラリアのクイーンズランドで撮影予定。

ワーナー・ブラザーズが世界中に配給予定にしている大作映画です。

オースティン・バトラーはこの役に決まったのが、よほど嬉しかった様子。

インスタでエルビス・プレスリー役が決まったと書いてある記事を載せています。

さらに、プロフィール欄にその記事へのリンクもありました。

このエルビス・プレスリー役はとても競争が激しかったようです。

ライバルも強力でした。

クロエモレッツ主演の映画「キャリー」でデビューし、DJとしてもULTRA JAPAN2015で来日したことのあるアンセル・エルゴート

映画「ファンタスティック・フォー」や映画「セッション」でドラムを叩いていた姿が印象的なマイルズ・テラー

ワンダイレクションのハリー・スタイルズ

このような知名度があり、実力もある候補者の中からエルビス役を勝ち取ったオースティン・バトラー。

比類のないスターの特異な自然な動きと声を呼び起こす能力をもつ俳優を徹底的に探した。

キャスティングが完全に正しくない場合には、エルビス・プレスリーの映画を作ることはできない。と製作陣は語っていました。

オースティン・バトラーはエルビス・プレスリーをどう演じてくれるのでしょうか。

新作映画への期待が高まります。

オースティン・バトラーは結婚している?彼女はヴァネッサ・ハジェンズ

オースティン・バトラーの彼女は映画「ハイスクール・ミュージカル」に出演していた女優のヴァネッサ・ハジェンズ

2人の出会いはディズニー映画「ハイスクール・ミュージカル」のスピンオフ映画「シャーペイのファビュラス・アドベンチャー」の関係で出会ったと言われています。

ヴァネッサ・ハジェンズは、ザック・エフロンと付き合っていたときで、オースティン・バトラーとは友達になったそう。

ヴァネッサ・ハジェンズはザック・エフロンと2010年に別れ、その後は連絡をとっていないようです。

映画「ハイスクール・ミュージカル」はヴァネッサ・ハジェンズの縁結びスポットですね。

2011年9月からオースティン・バトラーとヴァネッサ・ハジェンズはキスを目撃されたり、撮影されたりしていましたが公式に関係を認めてはいませんでした。

2014年8月18日のオースティン・バトラーの誕生日に、ヴァネッサ・ハジェンズがインスタでお祝いし、公式に付き合っているという宣言をしました。

オースティン・バトラーは上手くいっている関係について、好きなひとを優先させることが重要だと話しています。

2015年8月に初めてオースティン・バトラーのインスタにヴァネッサ・ハジェンズが登場。

ヴァネッサ・ハジェンズはロサンゼルスで開催された 2015 Industry Dance Awardsでパフォーマー賞を受賞。

その時のスピーチで、2014年にガンで亡くなったオースティン・バトラーの母親ロリ・アンさんに賞を捧げるとスピーチをしています。

その時に、ヴァネッサ・ハジェンズの父親もガンのステージ4だと明かしました。

2016年にヴァネッサ・ハジェンズの父親が亡くなったときに、オースティン・バトラーは、そばにいて支えたそうです。

長く付き合っているだけではなく、お互いが辛いときにそばにいて絆も深そうなカップルですね。

2017年にはヴァネッサ・ハジェンズが左手の薬指に指輪をつけている写真をインスタにあげたことから、婚約の噂がたちました。

ですが、婚約はしていないようです。

現在も交際は続いており、オースティン・バトラーのインスタによくヴァネッサ・ハジェンズとの写真が載っています。

婚約はしていないけれど、交際が順調なのは間違いなさそうでした。

オースティン・バトラーの純総資産額は?

そんな仕事もプライベートも好調なオースティン・バトラーですが、一体どれくらいの純総資産額なのでしょうか。

ネットの推測では400万ドル(約4億3300万円)となっていました!

エキストラからキャリアがスタートし、ついには憧れの俳優レオナルド・デカプリオと共演するまでになりました。

そしてオースティン・バトラーの代表作になると期待されるエルビス・プレスリー役を演じるというところまできたオースティン・バトラー。

来年にはこの額よりもっと増えていることは確実です。

オースティン・バトラーまとめ

王子さまのようなルックスで、しかも演技力もあるオースティン・バトラー

プライベートでもヴァネッサ・ハジェンズと長い間お付き合いしており、そのうえ浮気の噂などがなく中身も王子さまのようです。

オースティン・バトラーの次回作のエルビス・プレスリー役では、世界的にさらに注目を集めそうです。

これからのオースティン・バトラーの活躍にも期待しましょう!

にほんブログ村 芸能ブログへ