ブライス・ダラス・ハワードの父親はアカデミー賞監督!華麗な家系から出演作品まで徹底調査

ブライス・ダラス・ハワード(Bryce Dallas Howard)は映画「ジュラシックワールド」シリーズや映画「スパイダーマン3」のグウェン役で出演し、その美しさが印象的でしたね。

映画「ロケットマン」では、エルトン・ジョンの母親シーラ・アイリーンを見事に演じきりました。

ブライス・ダラス・ハワードと似ていて、見分けがつかないと話題の女優ジェシカ・チャスティン

本当に似ているのかも見ていきましょう!

そしてどんな子ども時代だったのが、結婚はしているのか、出演作などを調べていきます!

ブライス・ダラス・ハワードは一体どのような人なのかを、一緒に探っていきましょう!


ブライス・ダラス・ハワードの有名な家族や生い立ち

ブライス・ダラス・ハワードは1981年3月2日に、アメリカ合衆国カルフォルニア州ロサンゼルスで生まれました。

2019年で39歳です。

父親は有名映画を多数撮影しているロン・ハワード監督。

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」(2018)(「ビューティフルマインド」(2001)や「ダ・ヴィンチ・コード」(2006)などを監督し、2001年の「ビューティフル・マインド」では第74回アカデミー賞監督賞・作品賞を受賞している名監督です。

ちなみにロン・ハワード監督の父親は監督、俳優のランス・ハワードで、母親は女優のジーン・スピーグル・ハワードです。

母親は女優であり作家でもある、シェリル・ハワードです。

ハリウッドの華麗なる一族ですね。

ブライス・ダラス・ハワードは4人兄弟の長女。

4歳年下の双子の妹のペイジジョスリンと、6歳年下の弟のリードがいます。

ロン・ハワード監督の子どもたちは全員、監督が考案した場所にちなんだ名前を付けられています。

ブライス・ダラス・ハワードのミドルネームのダラスはテキサス州のダラスから名付けられたそう。

両親が芸能界から距離をとって育てたかったので、幼少期はコネチカット州グリニッジで育ちます。

高校はニューヨーク州の北郊外のアーモンクにあるバイラムヒルズ高校に通っていました。

高校時代は本を読むのが大好きだったそう。

哲学者で小説家のジャン・ポール・サルトルなどの実存主義にハマっていたそうです。

ナタリー・ポートマンと仲が良く、ステージドアマナーパフォーミングアーツキャンプという演技を学ぶクラスに一緒に参加したことも。

読んでいる本がすごく頭が良さそうなので、ナタリー・ポートマンと話が合うのでしょうね。

高校を卒業後に、ニューヨーク大学に入学しました。

同時にステラ・アドラー音楽院でも学んでいます。

ブライス・ダラス・ハワードの出演作 ロケットマンやスパイダーマンなど

幼い頃に映画「アポロ13」(1995)など、父親が監督する映画に母親と一緒に出演したことはありました。

その後の数年間は、演技の勉強をしながらいくつかの舞台に出演するということを行います。

ドラマコンペの一環として、2004年のサンダンス映画祭で初演された映画「Book of Love」(2003)で長編映画デビューを果たしました。

M・ナイトシャマラン監督の「ヴィレッジ」(2004)の盲目の主人公アイヴィー・ウォーカー役で出演して、注目を集めます。

映画「スパイダーマン3」(2007)のグウェン・ステイシー役のために赤毛の髪の毛をブロンドに。

撮影中のスタントを、妊娠したことに気づかず撮影していたそうです。

映画「スパイダーマン3」の撮影が完了した時点で、妊娠5ヶ月でした。

息子のセオドアくんを出産して6ヶ月後に撮影を開始した「The Loss of a Teardrop Diamond」(2009)ではフィッシャー・ウィロウ役を演じています。

映画「ターミネーター4」(2009)にケイト・コナー役で出演。

はじめケイト・コナー役は女優シャルロット・ゲンズブール(母親は女優のジェーン・バーキン)が決定していたそう。

ですが、スケジュールの都合で降板になり急遽決まったようです。

またバンパイア映画「エクリプス/トワイライト・サーガ」(2010)では赤毛の吸血鬼ヴィクトリア役で出演。

1作目と2作目のヴィクトリア役を演じていたのはレイチェル・レフィブレ

このトワイライトシリーズの3作目から、ブライス・ダラス・ハワードに変更になりました。

映画「ジュラッシク・ワールド」(2015)ではメインキャストのクレア役で出演。

この映画でさらにブライス・ダラス・ハワードはさらにスターへと上り詰めました。

続編の「ジュラッシク・ワールド 炎の王国」(20018)にも続投しています。

エルトンジョンの半生を描いた映画「ロケットマン」(2019)では母親役のシーラを演じています。

今まで演じてきた役と比べて、難しい役だったと語っていました。

『ロケットマン』TVスポット<世界中を魔法にかける篇>

ブライス・ダラス・ハワードの身長や似ている有名人

ブライス・ダラス・ハワードの身長は173cm。

映画「インターステラー」などに出演しているジェシカ・チャスティンとよく間違われます。

ブライス・ダラス・ハワードが「私はジェシカ・チャスティンじゃない」と歌っているお茶目な動画もあり、あまりに似ているので2人でネタにしています。

似ている気がするとかではなく、本当によく注意をして見ないと間違えるレベルですね。

父親のロン・ハワード監督でさえ、偶然お店でジェシカ・チャスティンと会ったときに、娘のブライス・ダラス・ハワードと勘違いしたのだとか。

ブライス・ダラス・ハワードはビーガンだそうで、牛乳や卵も食べていないようです。

映画「ヴィレッジ」で共演したホアキン・フェニックスの影響で、動物虐待のドキュメンタリーを見てからビーガンになったそう。

ビーガンは、動物系の出汁やパン、チョコ、チーズも食べないようで、動物由来のものは一切だめみたいでした。

このような食生活を続けられるって、自己管理力が高いですね。

ブライス・ダラス・ハワードのプライベートは?旦那さんは俳優

父親が世界的な映画監督であることがプレッシャーとなり、18歳まで男性と付き合ったことがなかったというブライス・ダラス・ハワード。

ニューヨーク大学で俳優セス・ガベルと出会い、5年間の交際をしていました。

セス・ガベルは映画「ダ・ヴィンチ・コード」(2006)やドラマ「フリンジ」(2010)に出演しています。

2006年6月17日にコネチカットで結婚。

結婚式の7日後の家族と新婚旅行をしているときに、妊娠していたことがわかったそう。

30代になる前に子どもを作るつもりはなかったので、びっくりしたそうです。

2007年2月16日に長男のセオドアくんを出産。

セオドアくんのゴッドファーザーは俳優兼プロデューサーのジョシュ・ガッド

夫のセス・ガベルの高校の同級生だそう。

ブライス・ダラス・ハワードは長男が誕生したのちに、産後うつになったことを公表しています。

出産後に息子を手渡された瞬間、なにも感じなかったそう。

さらに、母乳育児に悩まされ、妊娠中に体重が37kg増加、部屋がめちゃめちゃ、自分はひどい女優だと確信を持ってしまったといいます。

その時の気持ちを、深い穴にいるように感じ、そこから抜け出すことができないように感じたと話しています。

ホメオパシーを医師から受け、カウンセリングを受けて少しずつ良くなっていきました。

また、ブルック・シールズの「Down Came the Rain」の本を読んだことも非常に有益だったと語っています。

そして1年半ほどで産後うつ病は解消したそう。

ブライス・ダラス・ハワードは、産後うつの経験について多くの女性たちと共有する機会が少ないと感じ公表したと語ります。

ブライス・ダラス・ハワードの体験は、悩んでいる人に勇気を与えますね。

2012年1月19日には長女ベアトリスちゃんが誕生。

現在結婚13年目で、結婚記念日をお祝いする写真がインスタにあり、長い結婚生活でも仲が良さそうでした。

ブライス・ダラス・ハワードの純総資産額 ハリウッドの家が豪華

映画「ジュラシック・ワールド」シリーズや、話題作の映画「ロケットマン」に出演が続いているブライス・ダラス・ハワード。

映画『ジュラシック・ワールド』第1弾日本版予告編

映画『ジュラシック・ワールド』第1弾日本版予告編

『ロケットマン』本予告

『ロケットマン』本予告

「ジュラシック・ワールド」をAmazonプライム・ビデオの無料トライアルで視聴する方法はコチラ!

プライムビデオ

無料でAmazonプライム・ビデオを視聴しよう!プライム会員の登録・解約方法まとめ

2019-06-12

※本ページの情報は記事投稿時点のものです。
最新の配信状況はAmazonプライム・ビデオ公式サイトにてご確認ください。

その純総資産額はネット上の予想サイトによると、1500万ドル(約16億1800万円)だそうです。

大作映画に出演すると、出演料も億と桁が違いますね。

ブライス・ダラス・ハワードはハリウッドに住んでおり、家を買って住んだ後に売却しています。

2006年にハリウッドヒルズの家を290万ドル(約3億1300万円)で購入し、2013年に245万5000ドル(約2億6500万円)で売れたそう。

その家は、地中海風のヴィラで、大きな芝生の庭、ワインセラー、サウナ、ぶどうに覆われたロッジと豪華そのものでした。

ブライス・ダラス・ハワードのまとめと次回作

有名な監督の娘として生まれましたが、若い頃は演技を学び小さな舞台に立っていた、真面目で努力家なブライス・ダラス・ハワード

映画に次々に起用されるのも納得ですね。

ブライス・ダラス・ハワードは、2021年6月11日公開予定の映画「ジュラシック・パーク3」やドラマ版「スターウォーズ」のディレクターを務めたりと大忙しです。

ブライス・ダラス・ハワードの今後の活躍をお見逃しなく!

にほんブログ村 芸能ブログへ