涙を自在に操る女優ジェニファー・ラブ・ヒューイットの小悪魔的素顔!映像で美しい歌声もご紹介

2006年に「最も美しい女性100人」の中の29位にランクインするだけあって、ジェニファー・ラブ・ヒューイット(Jennifer Love Hewitt)の美貌は男女ともに認めるもの。

若い頃からの活躍でベテラン女優の仲間入りをするほどの長いキャリアを持ち、シンガーソングライターという側面も持つジェニファーの”小悪魔的”な素顔に迫ります!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jennifer Love Hewittさん(@jenniferlovehewitt)がシェアした投稿 -


ジェニファー・ラブ・ヒューイットの生い立ちは?テキサス生まれの小柄な天使

1979年2月21日、テキサス州生まれのジェニファーは2019年現在40歳

家族は、のちに離婚するご両親、技術者の父ハーバートさん&病理学者の母パトリシアさんの他に、お兄さんのトッドさん。

ちなみに、ミドルネームの ”ラブ” は、お母さんの親友の名前だったらしいです。

身長は157cmという説も。

意外に小さい方だったんですね。

なのに、グラマー。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Film & Fashionさん(@moviesandfashion)がシェアした投稿 -

天は二物どころか、三物以上のものを与えてしまうのですね。

ジェニファー・ラブ・ヒューイットの恋愛遍歴、そして現在の夫は?

こんなアメリカン・スイートハートなジェニファーですもの、恋愛遍歴が気になります!

特に目立った恋愛といえば、2005年TVドラマ「ゴースト 〜天国からのささやき」で共演したロス・マッコールと交際をスタート。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ghost whispererさん(@ghost__whisperer)がシェアした投稿 -

2007年、28歳のときに婚約を発表するも、翌年婚約を解消。

というか、共演している俳優さんとの恋愛が多い?

それにしても、お相手の俳優さんがいつもハンサムすぎてうらやましい。彼女のご指名なんでしょうか?(笑)

そんな小悪魔的ジェニファーですが、その後、「ゴースト ~天国からのささやき」でも共演し、映画「マスク2」などに出演したジェイミー・ケネディさんとも交際したそうですが、

2012年にドラマ「クライアント・リスト」で共演したブライアン・ハリセイと交際をスタート。

2013年には婚約と第一子の妊娠を発表。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mariah 🥰さん(@msmadeline_clancy)がシェアした投稿 -

彼との間には、2013年に娘さんのオータム、2015年には息子さんのアッティカスが生まれています。

二人ともご両親に似てきっと美形なのでしょうね!

これまで小悪魔的な恋愛をしてきたジェニファーですが、今の旦那さまとは超ラブラブのようです。

旦那さまのブライアンと。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jennifer Love Hewittさん(@jenniferlovehewitt)がシェアした投稿 -

ジェニファー・ラブ・ヒューイットの経歴は?子役からの長い芸歴

なんと彼女の芸能生活のスタートは音楽

3歳でショーで歌を披露したり、5歳でタップダンスとバレエを習い、9歳で「テキサス・ショー・チーム」に加入。

10歳で母と共にロサンゼルスに移り住んだそうですが、当時、すでにこのかわいらしさ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jennifer Love Hewittさん(@jenniferlovehewitt)がシェアした投稿 -

ロサンゼルスへ移り住んでからは、この美しさでテレビコマーシャルに出まくり、1989年にはとうとうディズニーチャンネル「Kids Incorporated」に出演して歌も披露。

翌年から次々にTVドラマ、映画と活躍の場を広げ、ついにやってきました!

1995〜1999年の人気TVドラマ「サンフランシスコの空の下」出演。

そして、全世界興行1億ドルを叩き出した1997年のホラー映画「ラストサマー」で人気大爆発!続編にも出演!

 

この投稿をInstagramで見る

 

James White-Aldworthさん(@sirjawa)がシェアした投稿 -

 

わずか18歳で「最もセクシーなアメリカ人女性」にランクインするなど、”青春”というキーワードがぴったりなヒロイン役を片っ端からこなしていきます。

そして、2005〜2011年のTVドラマ「ゴースト 〜天国からのささやき」で大人の女性としての魅力を発揮。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Cool Serije👌🎥さん(@coolserije)がシェアした投稿 -

現在の肩書きは、女優、プロデューサー、監督とだけあって、演じる以外にも幅広く映画製作に関わっている様子。

芸歴が音楽からスタートしているだけあって、音楽活動もしてました。

なんと1992年、12歳のときに日本だけで「Love Songs」というアルバムがリリースされてました。

そうそう、1999年にはリーバイスのCMで日本でも一気に知名度が上がりました。

JENNIFER LOVE HEWITT PUB LEVI'S

過去には何度か楽曲PRのために来日もしており、音楽番組「ミュージックステーション」などにも出演したことがあります。

映画「ラストサマー」でもさりげなく見事な歌声を披露するシーンも。観てない方はぜひチェックです!

I will survive - Jennifer Love Hewitt

こちらは2002年リリースの「BareNaked」ミュージックビデオ↓

Jennifer Love Hewitt - BareNaked (Video Version)

 

ジェニファー・ラブ・ヒューイットの特技は?涙を自由自在に操る女優

ジェニファー・ラブ・ヒューイットの女優としての特技は、ズバリ「いつでも/どこでも泣ける」ところ?

代表作の一つ「ラストサマー」では恐怖に震えるティーンエージャーを演じ、2005~2011年の米TVドラマ「ゴースト~天国からのささやき~」では、霊能者としてさまよえる霊と対話し、光の中に導く役柄を演じたジェニファー。

姿の見えない犯人に追い詰められて涙。霊たちの切ない運命に共感して涙。

 

この投稿をInstagramで見る

 

movie junkieさん(@__moviejunkie__)がシェアした投稿 -

とにかく彼女の完璧な「涙のコントロール」には脱帽。

なぜそのタイミングでぴったり涙を流せるんですか、ジェニファー?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jennifer Love Hewitt Updatesさん(@jlh.updates)がシェアした投稿 -

とにかく必ずと言っていいほど、ここぞ!というタイミングで大粒の涙を流したり(寸止めしたり)、涙を自由自在に操ることができるところは、彼女の天性の才能と言っていいのではないでしょうか?

そして、その後に涙目のまま見せるかわいらしい笑顔もまた、彼女の最大のチャームポイント。

ジェニファーのこのタレ目にきっと多くの男性たちのハートが「ズキューン!」とされてきたのでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vintage Horror Podcastさん(@vintagehorrorpodcast)がシェアした投稿 -

ジェニファー・ラブ・ヒューイットのまとめ

ホラーでは恐怖に震える少女、ラブストーリーではキュートな笑顔のヒロインと、若い頃から主役級の活躍をしてきたジェニファー・ラブ・ヒューイット

人気ドラマ「9-1-1:LA救命最前線」での活躍も注目されていますし、40歳を過ぎた今、少女の殻を完全に破り捨てた大人の女性としての演技に期待です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

the one who dreamsさん(@meowser_clancy)がシェアした投稿 -

にほんブログ村 芸能ブログへ