【ワンパンマン】ヒーロー協会のヒーロー達まとめ!その魅力を解説!

無料Web漫画雑誌「となりのヤングジャンプ」にて連載され、2019年4月から第2クールのアニメが放映されている『ワンパンマン』。

作中には魅力的なキャラクターが登場しますが、その中でも怪人に立ち向かうヒーロー陣営が好きな方がとくに多いです。

しかし、実はワンパンマンをあまり読んだことがなく「姿は見たことはあるけど、どんな性格のヒーローなんだろう?」と疑問の方もおられるでしょう。

そこで当記事では、漫画『ワンパンマン』に登場する、ヒーローたちについて徹底解説!

また、各ヒーローの強さの理由や必殺技もご紹介します。

ぜひ当記事で、ワンパンマンに登場する最高にカッコいいヒーローたちについて知ってくださいね。


キャラ紹介1.主人公サイタマとその周辺のキャラクターたち

漫画『ワンパンマン』の中でとくに登場数が多いのは主人公サイタマ彼と親交が深い以下4人のヒーローたちです。

  1. サイタマ
  2. ジェノス
  3. キング
  4. フブキ
  5. 無免ライダー

周りにいるヒーローたちはサイタマの本当の強さを知る数少ない者たちであり、ストーリー上でも重要な役割を果たします。

では以下より、ワンパンマンのストーリーの中心となる、主人公とヒーローたちをご紹介しますね。

主人公・サイタマ

ヒーロー名ハゲマント
ランキングC級388位⇒A級39位(ONE版)

B級7位(リメイク版)
身長175cm
体重70kg
年齢25歳
アニメの声優古川慎

サイタマは漫画作品『ワンパンマン』の主人公であり、敵味方を含めた中で誰よりも強い力を持つ最強の男です。

文字通りパンチ一発で、どんな敵でも粉砕できる無敵の力を持っています。

無敵の強さを得る前は髪の毛がある普通の青年でしたが、就活中に怪人カニランテから少年を救ったことがきっかけとなり、そのままヒーローを目指すように。

腕立て・上体起こし・スクワット100回、ランニング10kmを毎日行いながら怪人を倒す日々を送るうちに、無敵のパワーとハゲた頭と手に入れました。

性格は無気力かつマイペースであり、強すぎる自分の強さに対して孤独や虚しさを感じる日々を送っています。

サイタマには人間らしい感情がない?

サイタマは自分のことを、度々感情が薄れていっていると評します。

しかし、他のヒーローの名誉を守るために自分が悪者となったり、ジェノスやキングに気を使ったりと、困っている人や仲間には優しさを見せることも。

また、なかなか捉えられない蚊に対して怒りをあらわにしたり、キングとのゲーム対決で悔しさを見せたりなど、人間らしい一面も持っています。

実はサイタマ自身が感じているほど感情は薄れておらず、そんな人間臭い一面も彼の魅力なのです。

サイタマの必殺技

サイタマの場合、普通のパンチやキック一発が必殺の威力です。

しかし、彼自身が「マジシリーズ」と名付けている技があり、「マジ」の文字通り本気で殴ったり行動したりすることで、さらなる圧倒的な力を発揮します。

『ワンパンマン』の劇中で使用されているマジシリーズは、以下の通りです。(ONE版準拠)

  1. マジ殴り:ボロス戦で初使用した、サイタマ本気の殴り。ボロス必殺の崩星咆哮砲もろともボロスを吹き飛ばした。
  2. マジ反復横跳び:自宅前で暴れる音速のソニックに使用。本気で反復横跳びすることで、ソニックのスピードを圧倒。
  3. マジちゃぶ台返し:怪人ガロウに使用。タツマキが掘り起こした巨大な岩盤を、ガロウもろとも上空に放り投げた。
  4. マジ頭突き:怪人ガロウに使用。完全なる怪人と変化していたガロウの半身を粉々に粉砕。

サイタマについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をごらんください。↓

サイタマ ワンパンマン

ワンパンマンの主人公サイタマとは?最強の理由や魅力を徹底解説!

2019-06-21

サイタマの弟子・S級14位ジェノス

ヒーロー名鬼サイボーグ
ランキングS級17位⇒16位⇒14位
身長178cm
体重非公開
年齢19歳
アニメの声優石川界人

ジェノスは、体のほとんどが機械になっているサイボーグの青年です。

「暴走サイボーグ」によって故郷の町が破壊された際クセーノ博士と出会い、復讐を果たすため自ら志願し機械の体になりました。

正義活動の最中、怪人モスキート娘との戦いで自爆しようとしたところをサイタマに救われ、彼の圧倒的な力に感銘を受けた後に彼への弟子入りを志願します。

以来サイタマを先生と慕うようになり、彼の自宅に住み込みながら、サイタマからの宿題であるS級10位以内を目指すことに。

性格はクールで生真面目ですが少し融通がきかず、敵の実力を見誤り油断する一面も見られます。

しかし、サイタマと過ごす内に彼も成長していき、ヒーローとしての熱い心や心構えが備わっていきます。

ジェノスの必殺技

サイボーグの体ならではの、ロボットのような攻撃を駆使した戦いが得意です。

『ワンパンマン』の作中でもジェノスの戦闘シーンは読者人気が高く、とくにアニメ版は好評を博しています。

基本ステータスも高く、リメイク版のガロウから「ハンパねぇスピードとタンクトップマスター並のパワー」と称されました。

  1. 焼却砲:高熱線を相手に向かって放つ技。サイタマとの模擬戦や巨大隕石落下時にはパワーアップした焼却法も使用。物語が進むに連れて螺旋焼却砲などの上位技も使う。
  2. ロケットパンチ:機械の腕を発射し、相手に強烈な打撃を与える技。
  3. ブーストアタック:機械のブースト機能を利用し、超速スピードで相手に攻撃する技。

S級7位・キング

ヒーロー名キング
ランキングS級7位
身長非公開
体重非公開
年齢29歳
アニメの声優安元洋貴

キングとは、『ワンパンマン』の作中で地上最強のヒーローと称されているS級ヒーローです。

キングの名を聞いただけで相手怪人は萎縮するレベルであり、他のS級ヒーローからも一目置かれています。

しかし、本当の彼の正体はただのオタクで気弱な性格の一般人。

怪人退治をしたサイタマの側に居合わせる偶然が続き、いつの間にかヒーロー協会にS級の称号が贈られ、取り返しがつかなくなりました。

しかし、正体がバレた後もサイタマとの交流は続き、彼の数少ない友人として交流を深めています。

キングの必殺技

一般人ほどの力しか持たないキングには、ヒーローらしい技は1つありません。

ただ普段は「地上最強のヒーローキング」の名前を出すだけで勝手に相手がビビって勘違いするため、戦闘にならないのです。

また、「地上最強のヒーロー」という名声を利用して敵の目を引きつけるなど、彼にしかできない活躍シーンも多々あります。

実際、ガロウ編の怪人協会との戦いではその名声のおかげで、時間稼ぎや敵にスキをつくるなど一線級の活躍をしています。

  1. キングエンジン:周りにも聞こえるほどの心音を響かせる。キングが臨戦体制に入った証と噂されるが、実際はビビっているだけ。
  2. キング流気功術奥義・煉獄無双爆熱波動砲:キングが放つと噂されている奥義。S級ヒーロー童帝いわく、怪人エビル天然水を「一滴残さず瞬時にかき消す」ことができる。もちろんそんな技は存在しないが、ガロウ編ではこの掛け声で怪人協会相手にハッタリをかまし、サイタマが来るまでの時間稼ぎに効果を発揮した。

B級1位・地獄のフブキ

ヒーロー名地獄のフブキ
ランキングB級1位
身長167cm
体重非公開
年齢23歳
アニメの声優早見沙織

地獄のフブキとは、B級1位ヒーローであると同時に、ヒーロー組織「フブキ組」のトップでもある女性です。

S級2位のヒーローのタツマキの実妹であり、姉と同じく超能力を駆使して戦います。

最初の登場はサイタマとキングの出会いが終わった後です。

深海王戦や日々の怪人退治の功績からC級⇒B級に上がったサイタマを、フブキ組に勧誘しようとし敵対。

しかし音速のソニックのスピード対決に圧勝し、キングとも親交を持つサイタマの強さに興味を持ち、度々交流を持つようになります。

天才の姉タツマキに複雑な感情を抱きながらも認めており、サイタマの強さを目の当たりにしてなお「姉には勝てない」と断言しました。

また、フブキ組の仲間を心配したり、怪人協会が街に襲ってきたときに民衆を気にかけたりなど、ヒーローらしい一面も持っています。

フブキの必殺技

A級上位に食い込むのは簡単」と自負しており、実際に超能力を主力とした戦闘力は高いです。

さらにONE版のガロウ編では、本来災害レベル竜の怪人サイコスを攻略、単独撃破に成功しています。

しかし「A級1位のアマイマスクには超えられない」という発言、姉タツマキへの劣等感などから、自分の実力はある程度わきまえているようです。

ONE版ではタツマキとの邂逅後、自らもA級上位を目指すようになりました。

  1. 地獄嵐:念動力で風を操作し、周りの石や瓦礫を舞い上がらせ相手に襲いかからせる必殺技。ただしサイタマ相手には通用しなかった。
  2. 念流廻転嵐:気の遠くなるような反復練習で使用可能となった、超能力の念信号を自在に操る力。この技によって、数段上の力を持つサイコスの念動力をそらし無力化した。しかし姉のタツマキはこの力を幼い頃から無意識に使用し、攻撃手段にまで発展させている。(ONE版の設定)

C級ヒーロー1位・無免ライダー

ヒーロー名無免ライダー
ランキングC級1位
身長170cm
体重66kg
年齢25歳
アニメの声優中村悠一

無免ライダーは、愛用の自転車ジャスティス号にまたがり現場に急行するC級1位のヒーローです。

普段から街のパトロールを怠らず、また困った市民をいつも助けているため、多くの人から信頼を得るヒーローでもあります。

あくまでC級レベルであり強くはありませんが、格上の深海王に臆さず挑んだり、ボロスたちによって破壊されたA市の市民救助に駆けつけたりと、作中でも屈指の勇気と熱い想いを持っています。

その勇気はサイタマも認めており、深海王との戦いをきっかけにお互いを信頼し合う関係性を築きます。

ちなみに中学校時代はサイタマと同じ学校に通っており、当時から自転車を愛し、不良にも勇敢に立ち向かう男でした。

無免ライダーの必殺技

相棒であるジャスティス号の利用や、己の肉体を使った攻撃が主です。

「自分じゃB級じゃ通用しない」と自覚も持っていますが、その勇敢な姿は人々に勇気を与えます。

普段から自分で改良したジャスティススーツ・ベルト、近所のホームセンターやスポーツショップで購入したジャスティスヘルメット・ゴーグルなども装備しています。

  1. ジャスティスクラッシュ:相棒のジャスティス号(自転車)を両手で持ち上げ、相手にぶつける技
  2. ジャスティスタックル:捨て身で相手にタックルする技。自分の10倍以上ある深海王(最大20m)に対し、血まみれになりながらも攻撃。こうして彼が時間を稼いだこともあり、市民に被害が出る前にサイタマが現場に到着。
  3. 立ちこぎモード:ジャスティス号を全力で立ち漕ぎ、現場に急行するスタイル。速度は通常の約2.5倍。

キャラ紹介2.ヒーロー協会の主なヒーローたち

ワンパンマン キャラクター ヒーロー

出典:「ワンパンマン アニメ公式サイト」より

『ワンパンマン』に登場するヒーローたちは、全員が一癖も二癖もあるキャラクターです。

しかし、怪人に負けない実力、ヒーローとしての心構えなどを併せ持ち、日夜真剣にヒーロー活動を行っています。

今回は作中でもとくに人気・登場回数の多い、以下のヒーローたちを順番にご紹介しますね。

  1. タツマキ
  2. バング
  3. メタルナイト
  4. ゾンビマン
  5. 金属バット
  6. ぷりぷりプリズナー
  7. その他のS級ヒーロー
  8. アマイマスク

S級2位・タツマキ(戦慄のタツマキ)

ヒーロー名戦慄のタツマキ
ランキングS級2位
身長非公開
体重非公開
年齢28歳
アニメの声優悠木碧

戦慄のタツマキはS級2位ヒーローであり、実力もトップクラスである女性ヒーローです。

子供のような外見とは裏腹に実年齢28歳であり、実はサイタマより3歳、ジェノスより9歳年上です。(サイタマやジェノスからはクソガキと呼ばれている)

プライドが高いうえに他人を信頼しておらず、失礼な言動や態度を取りがちですが、休日も暇つぶしがてらヒーロー活動に勤しんでいます。(単行本10巻にて彼女が主人公の番外編あり)

妹のフブキへの接し方は過保護で反感を買っていますが、愛情自体は本物です。

最初はサイタマを雑魚扱いしますが、ONE編では彼との戦闘の末、多少実力を認めるようになります。

タツマキの必殺技

フブキと同じく超能力を使いますが、威力は桁違いに強く、戦慄のタツマキの名前の通り竜巻のように怪人をねじ切れます。

彼女のヒーローとしての実力は圧倒的であり、協会の最終兵器と呼ばれることも多いです。

実際にボロスの宇宙船からの攻撃をすべて跳ね返す、宇宙から隕石を落として攻撃する、怪人協会の災害レベル竜複数を相手に戦えるなど、他のS級ヒーローとも一線を画す強さを持ちます。

  1. 超能力:S級ヒーロータンクトップマスターが投げるレベルの岩盤を複数持ち上げたり、怪人協会付近の岩盤をまとめてひっくり返したり、硬い相手をねじ切ったりなど、圧倒的な強さを誇る。ただし、力を使いすぎると鼻血を吹いて倒れる。また、サイタマには相手にはうまく通用しなかった。

S級3位・バング(シルバーファング)

ヒーロー名シルバーファング
ランキングS級3位⇒引退(ONE版)
身長165cm
体重55kg
年齢81歳
アニメの声優山路和弘

バングはシルバーファングの異名を持つ、S級3位ヒーローです。

81歳という高齢でありながら第一線で活躍しており、人気・存在感・戦闘技術は抜群に高いヒーローとして有名です。

普段は生意気なタツマキも彼の言動によって一歩引いたり、S級4位のアトミック侍も彼を尊敬していたりなど、他のヒーローからも一目置かれています。

また彼もサイタマの本当の強さを知る数少ない人物であり、サイタマの強さへの尊敬を表しながら、自らの流派に勧誘を行っています。

ボンブという兄弟がおり、ガロウ編では彼と協力してガロウやムカデ長老(リメイク版のみ登場)に挑みました。

バングの必殺技

己の肉体を利用した接近戦が得意。

また、メルザルガルドの攻撃を直接受けても傷つかないほど鍛えられており、老人とは思えない筋肉隆々の体を持っています。

S級ヒーロートップクラスの実力を持ち、ガロウ編では災害レベル竜のブサイク大総統とハグキを瞬殺しました。

  1. 流水岩砕拳:バング独自の拳法流派。流水のように相手の攻撃を受け流し、岩を砕くかのごとく相手に一撃を叩き込む。降り注ぐ巨大隕石の欠片を受け流したり、メルザルガルドの急所を正確に突いたりした。
  2. 旋風流水轟気空裂拳:ボンブとの合わせ技。受けると衝撃が全身くまなく巡る。ジェノスにして「技の極地」と言わしめた。

S級6位・ボフォイ博士(メタルナイト)

ヒーロー名メタルナイト
ランキングS級6位
身長非公開
体重非公開
年齢非公開
アニメの声優玄田哲章

メタルナイトは個人ではなく、100体を超える機械軍団として活動するS級ヒーローです。

操り主であるボフォイ博士は決して前線には出ず、数々の戦闘用ロボットを戦場に送り込みヒーロー活動を行います。

また、ヒーロー協会本部の守りや建築も任され、ボロスによって壊滅したA市の上に7日間で新本部に立て直しました。(元々の10年で完了だった工事)

しかし、あまりに大きすぎる軍事力は他のヒーローからも警戒され、ジェノスの故郷を襲った暴走サイボーグについてもなにか知っている描写があります。

ONE版のガロウ編後にはサイタマの強さに興味を持ち、彼の経過を見守る1人となりました。

メタルナイトの必殺技

圧倒的軍事力と機械技術による、圧倒的な破壊力の攻撃を行います。

また偵察・工事・回収用といって戦闘用以外のロボットも操り、多方面に高い技術を持っていることがわかります。

実際に彼が築いた旧ヒーロー本部は、ボロスの宇宙船の一斉砲撃にも耐えきりました。(ただしサイタマには突き破られている)

S級8位・ゾンビマン

ヒーロー名ゾンビマン
ランキングS級8位
身長174cm
体重65kg
年齢非公開
アニメの声優櫻井孝宏

ゾンビマンは、「進化の家」の不死身シリーズと呼ばれる実験体サンプル66号だった男です。

同シリーズの唯一の成功例であり、ゾンビの名の通り「死ねない体」を持っています。

性格はニヒルスティックではありますが、個性的な面々が揃うS級ヒーローの中では常識人です。

ONE版のガロウ編後には、サイタマの強さの秘密と言われる「リミッターはずし」に興味を持ちました。

ゾンビマンの必殺技

銃・刀・斧などの多種に渡る武器や、不意打ちなどの戦術など決まった方を持たないオールマイティな戦い方を行います。

ただ本人曰く「内偵・諜報活動・汚染区域調査が専門分野」であり、戦闘は余り得意ではないと自負。

しかし、その不死身といわれる再生能力が彼最強の武器であり、怪人協会との戦闘では200回以上の致命傷をおっても数分で回復しました。

ただし、ダメージを受けすぎると完治までに数分の時間を要するようです。

S級15位・バッド(金属バット)

ヒーロー名金属バット
ランキングS級15位
身長168cm
体重67.3kg
年齢17歳
アニメの声優羽多野渉

金属バットは、文字通り金属バット1本で怪人に立ち向かうS級ヒーローです。

リーゼント・学ランという昭和のツッパリ・不良を連想させる外見をしていますが、妹のゼンコ思いな一面や、傷だらけになりながらムカデ長老やガロウに挑む勇敢さを持ち合わせています。

メルザルガルド戦では弱点の核の存在にいち早く気づき、敵の撃破に貢献しました。

ONE版ではガロウ戦後にヒーロー協会を脱退、ネオヒーローズ移籍にしています。(2019年5月現在)

金属バットの必殺技

愛用の金属バットによる殴打が基本技であり必殺技です。

しかし、ガロウにして「1発でもマトモにもらったらやばい」と言わしめる威力を持ちます。

また、鬼レベルの怪人2体とムカデ長老に吹き飛ばされボロボロになった状態であってもガロウに挑む、凄まじい根性も持ち合わせています。

  1. 怒羅厳(ドラゴン)しばき:金属バットで相手を滅多打ちにする。ムカデ長老の顔面を滅多打ちにした。
  2. 気合野蛮トルネード:金属バットを持ちながら高速回転する。ガロウの流水岩砕拳で受け流したのにもかかわらずダメージが残るほどの威力。
  3. 根性:正確には技ではないが、ダメージを受けるほどに身体能力が上がるほどの気合を放つ

S級17位・ぷりぷりプリズナー

ヒーロー名ぷりぷりプリズナー
ランキングS級17位
身長220cm
体重非公開
年齢33歳
アニメの声優小野坂昌也

ぷりぷりプリズナーとは、ヒーローでありながら監獄で生活するS級ヒーローです。

男性をこよなく愛し、自分のお気に入りの男犯罪者を収監することに喜びを感じています。

しかしヒーローに対する思いは熱く、深海王に破れた後は敵の助言にも真摯に向き合い、ダーク☆エンジェル☆ラッシュを完成させました。

また、ONE版の怪人協会編では、ガロウに心を折られたクロビカリを励ます優しい一面も。

ぷりぷりプリズナーの必殺技

巨大な体躯を駆使した接近戦が得意。

深海王戦では敵に負けないパワーを発揮し、メルザルガルド戦では敗戦を活かした立ち回りで撃破に貢献しました。

  1. エンジェル☆ラッシュ:両腕による怒涛の連打。
  2. ダーク☆エンジェル☆ラッシュ:エンジェル☆ラッシュに一発ごとに殺意をこめたパワーアップバージョン

その他S級ヒーローたち

上記で説明した以外にも、ヒーロー協会には実力者揃いS級ヒーローが存在します。

アトミック侍(CV津田健次郎)S級4位
侍のヒーロー。必殺技はアトミック斬。
童帝(CV高山みなみ)S級5位。
10歳の天才児。ランドセルに仕込んだ機械で戦う。
駆動騎士(CV上田燿司)S級9位。
仮面の男。リメイク版では変形させたスーツケースを装着し戦う。
豚神(CV浪川大輔)S級10位。
あらゆるものを食し消化する男。
超合金クロビカリ(CV日野聡)S級11位。ボディビルダーのような体格の男。攻撃を通さない筋肉の壁が武器。
番犬マン(CVうえだゆうじ)S級12位。
犬の着ぐるみのような服を着ている男。
閃光のフラッシュ(CV鳥海浩輔)S級13位。
瞬殺丸を携える最速の男。S級トップレベルの戦闘技術。
タンクトップマスターS級14位⇒16位。
タンクトップ軍団のリーダー。己の肉体を駆使して戦う。

とくに閃光のフラッシュはONE版の怪人協会編にてサイタマと交流があり、リメイク版でも戦闘シーンが追加されるなど、ストーリーにも深くかかわっています。(ONE版112話ではサイタマと模擬戦中)

リメイク版ワンパンマンでは、原作のONE版よりS級ヒーローの戦闘描写が多数追加されており、より親しみやすいキャラクターたちとなりました。

A級ヒーロー1位・アマイマスク

ヒーロー名イケメン仮面アマイマスク
ランキングA級1位
身長181cm
体重非公開
年齢24歳
アニメの声優宮野真守

アマイマスクは、ヒーローでありながら俳優・歌手などのタレント活動にも勤しむA級1位ヒーローです。

一見軽薄な印象を受けますがヒーローとしての矜持は強く、とくに自分が悪と認識した存在にはときに行き過ぎるほど制裁を加えます。

実力も伴っており、災害レベル鬼も素手で捻り潰す腕力、ちぎれた腕を自分でくっつけるなど人間離れした能力がONE版で確認できます。

フブキに「絶対に超えられない」存在と言わしめられ、ガロウ編ではS級に引けを取らない戦闘力を発揮しました。

ONE版ではガロウ編後、サイタマの強さに心酔し「圧倒的な華」と称するシーンがあります。

アマイマスクの必殺技

現在は高い身体能力以外の必殺技は確認できませんが、怪人協会編ではS級ヒーローと一緒に戦うなどS級クラスの強さがあるとされます。

ただし、「ブサモンが苦手」という変わった弱点を持ち、相手をすると実力が発揮できません。

S級ヒーロー1位・ブラストの謎について

ヒーロー協会登録のヒーローには、タツマキよりランクが上のS級1位ヒーローブラストがいます。

しかし、2019年5月時点では作中にまだ直接登場していないため、詳しい詳細は不明です。

「サイタマがブラストなのでは?」といった意見もありますが、ONE版ではタツマキの回想内で登場しており、サイタマとタツマキに面識がなかったことからこの説は薄いでしょう。

まだ謎が多く、ネットでも「神クラスの強さ」「サイタマの父親」などの意見が飛び交っており、今後の情報開示が待たれます。

まとめ

漫画『ワンパンマン』には、主人公サイタマや弟子ジェノスをはじめとして、個性豊かなヒーローたちが登場します。

その全員が一癖ある性格、独自の必殺技、そしてヒーローとしての矜持を持っており、一度見たら虜になること間違いないでしょう。

今回紹介した以外にもスネック・バネヒゲ・イナズマックスなど、魅力的なヒーローが多数登場していますので、ぜひ原作を読んでみてください。

また、ワンパンマンにはヒーロー以外にも魅力的な怪人が多数登場しますので、そちらについて知りたい方は以下の記事をぜひお読みくださいね。

ワンパンマン 怪人

【ワンパンマン】ヒーローの敵・怪人たちまとめ!強さの基準も解説

2019-06-04

にほんブログ村 芸能ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です