【村田雄介版】漫画ワンパンマンのあらすじまとめ!どんなストーリー?

ワンパンマン 村田雄介 リメイク

出典:「ジャンプBOOKストア ワンパンマン1(集英社・著ONE・村田雄介)

2019年4月からアニメの第2クールが放映され、ますます盛り上がりを見せる漫画『ワンパンマン』。

アニメ版の原作となっているのは、村田雄介作画によるリメイク版のワンパンマンです。

今回は、この村田雄介版ワンパンマンのストーリーのあらすじをご紹介します。

実は前から気になっていた

アニメを見て興味を持った

そう思った方はぜひ当記事ご覧になり、ワンパンマンの世界を知ってくださいね。


ワンパンマンのあらすじ!どんなストーリー展開?

「となりのヤングジャンプ」で連載されているリメイク版『ワンパンマン』ですが、2019年5月現在では149話まで投稿されています。

今回はアニメ版の原作である、この村田雄介によるリメイク版漫画のあらすじ紹介です。

大まかなあらすじとして、今回は以下6つの展開に分けて解説しますね。

  1. 一撃必殺の主人公・サイタマ登場
  2. ジェノスとの出会い~進化の家
  3. バングとの出会い~深海王戦
  4. S級ヒーローVSボロス率いる暗黒盗賊団ダークマター
  5. ガロウ登場~格闘大会
  6. 怪人協会編

簡単に言えば『ワンパンマン』とは、どんな敵だろうとパンチ一撃で倒せてしまう最強主人公「サイタマ」の物語です。

そんな彼のシュールなギャグ、強さゆえの葛藤、そして最強ヒーローとしての活躍、それらが他のヒーローや怪人たちの描写と絡み合いながら、ワンパンマン独特の世界観を生み出しています。

では以下より順番に、ワンパンマンのあらすじを見ていきましょう。

ONE版ワンパンマンのあらすじはこちらからどうぞ。↓

ワンパンマン あらすじ

【2019年最新】ONE版ワンパンマンのあらすじ&ネタバレ紹介!

2019-06-08

あらすじ1.一撃必殺の主人公・サイタマ登場!

趣味でヒーローをやっている者だ

なんだその適当な設定は…

地球意思によって生まれた怪人ワクチンマンと、『ワンパンマン』の主人公であるヒーロー「サイタマ」、この2人の対峙から物語が始まります。

1つの大都市を一瞬で破壊する力を持つワクチンマン、粉々に破壊された街、恐怖に怯える民衆。

明らかに絶望的な状況ですが、なんとサイタマはパンチ一撃でワクチンマンを粉砕し、傷一つ付くことなく勝利を収めます。

あっけない幕切れに「またワンパンで終わっちまった…」と落ち込むサイタマ。

これがワンパンマンでもっとも有名と言える、漫画版の第一話です。

その後も「マルゴリ」「モスキート娘」など人間にとっては驚異の怪人が登場しますが、サイタマは苦戦することなくすべて一撃で片付けます。

このようにワンパンマンの物語は、怪人が蔓延る世界と強すぎるサイタマとの緊張感のギャップ彼の強さゆえの孤独と虚しさの描写を中心に進んでいきます。

戦いに昂揚感を求めるサイタマ

漫画版第4撃目ではサイタマの夢の中で、彼が自分と戦える強い相手や、戦いの昂揚感を求めているシーンが描かれています。

また、サイタマは作中でもあらゆる敵を勝利すると同時に、「つまらない」「期待していたんだけどな」といった感情を抱きます。

どこか無気力な彼ですが、心の中では常に「自分と戦える相手」「本気を出せる怪人」を求めているとわかりますね。

あらすじ2.ジェノスとの出会い~進化の家

次はサイボーグ・ジェノスとの出会いから、進化の家で怪人阿修羅カブトと戦うシーンまでのあらすじです。

Z市に訪れたサイボーグの青年ジェノスは、人間の血を吸うことでパワーアップする進化の家の怪人モスキート娘と戦います。

有利に戦いを進めていたジェノスでしたが「倒したに違いない」と油断した隙をつかれ、自爆寸前まで追い込まれることに。

しかし、そこにたまたま居合わせていたサイタマの張り手よって、モスキート娘は一瞬で倒されます。

サイタマの驚異的な強さを目の当たりにしたジェノスは、彼の家族の敵である「暴走サイボーグ」に勝てる強さを得るために、サイタマへの弟子入りを志願。

こうしてサイタマとジェノス、『ワンパンマン』の作中でも人気の師弟コンビが誕生しました。

進化の家でサイタマの強さの秘密が明らかに?

腕立て伏せ100回。上体起こし100回。スクワット100回。そしてランニング10km。これを毎日やる!

引用:「ワンパンマン2(集英社・著ONE・村田雄介)」より引用

ジェノスとの出会いの後は、その後の物語にもちょくちょく出てくる「進化の家」の面々との対決シーンです。

モスキート娘とサイタマの戦闘データに興味を持ったジーナス博士は、サイタマを捕らえるべく獣王アーマードゴリラなどの怪人をサイタマの家に送り込みます。

これをジェノスとともに難なく撃破したサイタマは、ジーナス博士の本拠地である「進化の家」へ。

そこで進化の家最強の怪人、阿修羅カブトとの戦いになります。

ジェノスすら圧倒する阿修羅カブトですが、彼がサイタマの後ろに回り込んだ瞬間、そのあまりに強い存在感に恐怖を抱き、「それほどまでの力!!一体どうやってに入れたんだよォォォ(ワンパンマン2巻より引用)」と絶叫。

サイタマはジェノスへ言い聞かせる意味でも、強くなった理由として「自分がハゲるまで行ったトレーニング」をついに明かすことに。

  1. 腕立て伏せ100回
  2. 上体起こし100回
  3. スクワット100回
  4. ランニング10km
  5. 3食きちんと食べる
  6. 夏・冬にエアコンを使わない
  7. 上記の内容を毎日やる!

いわゆる一般的なトレーニング内容ですが、これを3年間かかさず行ったことが強さにつながっていると本気で信じるサイタマ。

その後、今日がスーパーの特売日であることを思い出した焦りとともに、まるで八つ当たりのように阿修羅カブトを一撃で撃破しました。

あまりにもバカバカしくも圧倒的な幕切れに、自身の研究が人類の進化に負けたと悟ったジーナス博士は、研究を捨て改心する運びとなります。(その後はアーマードゴリラとともに、たこ焼き屋を営むことに)

音速のソニック~VSジェノス

進化の家を壊滅させたサイタマは、音速のソニックとの戦いやヒーロー協会へのヒーロー登録をこなします。

音速のソニックは、ONE版『ワンパンマン』の第3回人気キャラ投票で1位に輝くほどの人気キャラです。

これ以降のストーリー中にも登場し、物語にユーモアを与えてくれます。

ヒーロー名簿への登録後、ジェノスはサイタマの強さの秘密を知るために、サイタマと1対1の模擬試合を申し込みます。

最強クラスであるS級ヒーロー認定され、命の恩人でもあるクセーノ博士の新パーツによって強くなったジェノスでしたが、やはりサイタマには歯が立ちません。

サイタマの異常な強さを、あらためて再確認することになりました。

あらすじ3.バングとの出会い~深海王戦

次はヒーロー協会のS級3位シルバーファング・バングとの出会い~海の王を名乗る怪人・深海王戦までです。

災害レベル竜の巨大隕石の対処のため、ヒーロー協会に呼び出されたS級ヒーローのジェノスバングメタルナイトら3名でしたが、現状の装備では太刀打ちできません。

バングの助言もあり、ジェノスは本気の焼却法を放つものの、それでも隕石は止まりませんでした。

しかし、ここでもサイタマが活躍し、パンチ一発で隕石の粉砕に成功します。

巨大隕石を砕いた後、欠片による被害(死者はゼロ)をなすりつけられ市民から疎まれるサイタマでしたが、さらなるジェノスの忠誠と、バングの信頼を獲得します。

ワンパンマンで屈指の人気エピソード深海王編

巨大隕石破壊後は、ワンパンマン中屈指の人気シーンがある深海王編に移ります。

突如としてJ市に出現した海人族(アニメ版では深海族に変更)、S級ヒーローぷりぷりプリズナー、A級ヒーローたち、そしてC級1位の無免ライダーなど、サイタマ以外のヒーローの活躍や本来のヒーローと怪人たちの力関係がわかるエピソードです。

ワンパンマンの作中では、怪人や人類の脅威に対して、という5段階の災害レベルが設定されています。

実はこの章で登場する深海王は災害レベル鬼であり、作中ですでに登場したワクチンマン・阿修羅カブトといった災害レベル竜相当の怪人より弱いです。

それでもA級ヒーロー2~3人では歯が立たず、S級下位のヒーローでも単体では勝てません。

『ワンパンマン』の世界では、サイタマ以外は常に絶望的な驚異にさらされていることが、このエピソードで示唆されているのです。

ぷりぷりプリズナー、ジェノスといったS級ヒーローでさえ深海王の前に倒れていく中、本来勝てるはずのないC級ヒーロー・無免ライダーはそれでも立ち向かいます。

勝てる勝てないじゃなく、ここで俺はお前に立ち向かわなくちゃいけないんだ!

引用:「ワンパンマン 5巻」より引用

この無免ライダーのシーンは非常に人気であり、『ワンパンマン公式ファンブック ヒーロー大全』内で発表された人気エピソード第1位を獲得しています。

そして無免ライダーを始めとするヒーローたちの奮闘・時間稼ぎによって、サイタマは深海王の元へ到着、左ストレート一発で仕留めました。

怪人についての詳しい情報は、以下の記事で詳しく紹介しています。↓

ワンパンマン 怪人

【ワンパンマン】ヒーローの敵・怪人たちまとめ!強さの基準も解説

2019-06-04

あらすじ4.S級ヒーローVSボロス率いる暗黒盗賊団ダークマター

深海王戦が終わった後は、S級ヒーローの活躍、怪人の最強格であるボロス、そしてサイタマの必殺技が見られることから評判の、暗黒盗賊団ダークマター編です。

大預言者シババワの予言の「地球がヤバイ」という予言が発端となり、A市にある協会本部に集められたS級ヒーローたちと、ジェノスに付いていったサイタマ。

そこで宇宙から飛来した暗黒盗賊団ダークマターの襲撃を受けます。

巨大宇宙船の攻撃によって一瞬で消滅するA市。

そして宇宙船から飛来する幹部・メルザルガルドと、バング・アトミック侍・金属バットといったS級ヒーローたちとの、壮絶なバトルが始まります。

一方サイタマは単身宇宙船の中へ侵入し、幹部であるグロリバースゲリュガンシュプを瞬殺、盗賊団の頭目であるボロスと戦闘することに。

一方、再度始まった宇宙船からの一斉砲撃をすべて防ぎ跳ね返したS級ヒーロータツマキ、メルザルガルドの弱点を見つけた金属バットなどの活躍もあり、地上の戦いはヒーローたちの勝利に終わります。

さらにサイタマも、最強の怪人としてネットで議論に挙がるボロスを圧倒、最後はサイタマの必殺技である「マジ殴り(本気で放つパンチ)」でボロスを粉砕しました。

お前は強すぎた。

引用:「ワンパンマン7(集英社・著ONE・村田雄介)」より引用」

ボロスによって放たれたこの台詞をバックに、どこか哀愁漂うサイタマの歩き姿とともに、戦いは終息。

ちなみに消滅したA市の跡地には、後にサイタマも移住するヒーローマンションが建てられました。

あらすじ5.ガロウ登場~格闘大会

ボロス率いる暗黒盗掘団ダークマターとの戦いの後は、いよいよリメイク版でも現在進行系で進んでいるガロウ編に突入します。(2019年5月現在)

リメイク版のガロウ編は、バングの弟子であるガロウによるヒーロー狩り事件や怪人協会関連と、格闘技に興味を持ったサイタマが格闘大会に出場する模様が同時に進行します。

格闘大会編は原作ONE版のワンパンマンにはないオリジナル展開であり、スイリューゴウゲツといったリメイク版にのみ登場するキャラクターも多いです。

この章の最初では、怪人を名乗る人間、ガロウによってS級ヒーロー・タンクトップマスターを始めとする多くのヒーローが狩られ、元師匠であるバングがガロウを止めるために動き出します。

また同じ時期に、ガロウによって負傷させられたバングの弟子・チャランコの替え玉として、サイタマは格闘大会に出場することに。

さらに同時に、災害レベル竜であるムカデ長老などの凶悪な怪人が街に次々に出現し、S級ヒーローたちとの戦闘に入ります。

怪人として成長しながら成長していくガロウ、そして街に現れる怪人が時折口にする「怪人協会」。

ガロウ編の後半である怪人協会編に向けて、さまざまな伏線が貼られていきます。

あらすじ6.怪人協会編

怪人協会編では、サイタマの自宅の地下に本拠地を構えていた怪人協会に、S級ヒーローたちが突入し全面対決を迎えます。

ONE版の原作では登場しない怪人王オロチの存在など、リメイク版オリジナルシーンも交えながら、ヒーロー対怪人の迫力ある対決が描かれていますね。

もちろんサイタマも、この怪人協会の本拠地に単身乗り込んでいます。

また、全面対決のさながら怪人協会にさらわれた子供と、徐々に怪人に近づいていくガロウとの関係性も描かれ、怪人協会、ガロウ、そしてサイタマと3つの軸で進行していたストーリーが、一気に収束を見せていきます。

2019年5月時点でのサイタマと怪人王オロチとの対決は、やはりサイタマの圧勝で終わっています。

【2019年】今後のストーリー展開は?web版も交えて考察!

村田雄介のリメイク版『ワンパンマン』は、格闘大会やオリジナル怪人などの要素を持ちながらも、ONE版の原作のストーリー展開が基本です。

現在進んでいる怪人協会もリメイク独自描写が増えていますが、流れはONE版のガロウ編と同じように進んでおり、今後も同じ方向・展開になると予想されます。

ただし、リメイク版オリジナルである怪人王オロチが怪人協会編の中心になっていることを考えると、少し原作とは違った変化を見せるかもしれません。

また、ガロウ編はONE版漫画でも屈指の長さであり、リメイク版がONE版のストーリーに追いつくまでは、まだまだ時間がかかると思われます。

「どうしても先が気になる!」という場合は、ONE版の原作を覗くことをおすすめします。

ONE版ワンパンマンの公式サイトはこちら

まとめ

村田雄介版リメイク版の『ワンパンマン』では、ONE版の原作と違った展開や演出が見られ、好評を博しています。

ついにファン待望の怪人協会編に突入し、今後もますます人気が高まっていくでしょう。

もし当記事で村田雄介のリメイク版に興味が出ましたら、となりのヤングジャンプ公式ホームページなどで読んでみてください。

単行本であればオリジナルの短編なども読めるため、さらにおすすめですよ。

あらすじだけではなく、ぜひ一度ワンパンマンの本編に目を通して、ワンパンマンの魅力を感じてくださいね。

また、ワンパンマンは専用ホームページや「となりのヤングジャンプ」で無料閲覧が可能ですので、一度読んでみてはいかがでしょうか。

ワンパンマン 村田雄介 リメイク

漫画ワンパンマンを読むには?掲載媒体やアニメについても解説!

2019-06-10

にほんブログ村 芸能ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です